とある主婦の好きなもの。

ギリギリ昭和生まれのアラサー主婦が好きなものについて語っています。

劇場版最新作公開まであと1週間!私が好きな『コナン映画』7選。

劇場版『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』公開まであと1週間!

アラサーでモロにコナン世代である私は『劇場版 名探偵コナン』もきっちり全作視聴済みでございます。結婚前の夫と諸事情で映画デートしか選択肢がなかった際に上映中だった『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』を偶然見てからは、公開初週に夫婦で劇場まで足を運んでコナン映画を楽しむのが毎年の恒例行事になりました。そんな訳で本日は私が好きな『劇場版 名探偵コナン』7作を紹介したいと思います!

 

少し前置きを。私はコナンが作品として好きですが、キャラクターとしては圧倒的に『服部平次』推しです!なのでだいぶ平次ちゃんに偏ったセレクトになっている気がしますがご了承下さい(笑)順番は年代順で参ります。

※ここからはネタバレが含まれますのでご注意下さい。

 

『名探偵コナン 14番目の標的(ターゲット)』(1998年)

この作品が90年代とか時間の流れが恐ろしい…(笑)初期の映画だけに視聴回数はおそらく1番多いと思います。でも何回見ても面白いですよ!トランプの数字に準えて次々にターゲットが襲撃されたり、最後は壊れゆく建物で派手にドンパチやったりと王道ですが盛り上がりが半端ない。キスシーンは当時ドキドキしたなぁ…。

『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』(2001年)

アクションモノとしては一番好きかもしれません。「助けて…新一…」モードよりカッコイイ蘭ちゃんが好きなので、コナン君を抱えての決死のダイブは最高です。でもその後に少年探偵団を助けに再度戻るコナン君(笑)ラストの少年探偵団の結束っぷりも本当に堪りません。

『名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)』(2003年)

平次好きにとっては伝説の映画。以前の人気投票でも1位だったので嬉しかったです。当時は同じく平次好きの友達と部活帰りに見に行ったので、恒例行事になる前に唯一映画館で見た作品ですね。平次ちゃんがカッコイイのは言わずもがなですが、コナンが“平次と和葉のため”に新一に戻るのがグッとくるんですよね~。

『名探偵コナン 水平線上の陰謀(ストラテジー)』(2005年)

時が経つほどに好きになった作品です。初見時は「いつもより何か地味…?」って思いましたが、繰り返し見る事で奥深く味わえる良さがあると思います。“大切な人を守る”時の超絶イケメンな小五郎さんが大好きなので、このお話も堪りません。そろそろまた小五郎さんが大活躍する映画が見たい!

『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)』(2006年)

記念すべき10作目。キャラクター総出演でお祭り的な内容てんこ盛りな作品です。平次ちゃんとコナン君のコンビネーションが炸裂してて楽しいし、場外に出ると爆発する装置なんてベタだけどドキドキして盛り上がりますよね。元太君が長袖なのが伏線だと気付いた時はビックリでしたよ(笑)

『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』(2009年)

黒の組織ががっつり関わってハラハラする作品。最後はまさかのアイリッシュに守られるというコナン君のヒロイン力(?)…と言うか、それだけ引き付けられる魅力があるのだと思います。平次好き的には出番は少ないモノのなかなか美味しかったですよ。コナン君の電話一本で学校を早退する健気さに涙が出ます…(笑)

『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』(2017年)

平次推しならやはり外せない作品。紅葉ちゃんは最初出ると聞いた時「またかき回す役を増やして…当て馬にされるだけなんだから可哀そう」と若干否定的でしたが、キャラクター的にも可愛かったので全然OKです!しかし「平次≒京都」みたいになってますが平次ちゃんは大阪の人ですからね⁉(笑)

 

以上、私が好きな7作品を紹介しました。こうして見ると初期のモノが多くて懐古厨みたいになってますが、古い作品の方がテレビ放送等で見る機会も多くて思い入れが強くなってるのかな~なんて気がします。来週公開の『名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)』はどんな作品になっているのでしょうか⁉今年も早々に見に行く予定なので、また感想もアップしたいと思っています。

一瞬でも平次ちゃんが出ればいいなー!(99%無い)

www.conan-movie.jp

 

※『紺青の拳』の感想をアップしました!

 

※過去のコナン映画は『U-NEXT』でも視聴できます!もちろん通常アニメのコナンもありますよ。